韓国の様々な文化を紹介する月刊誌「スッカラ」の東京編集部ブログです。取材秘話や編集部の裏話など、スッカラのもう一つの魅力をお楽しみにいただければ幸いです。
by sukkara_tokyo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:tyuna( 37 )
全羅南道でキムチを
みなさんこんにちは!
次号の特集は「全羅南道」。
最近ではドラマ「朱蒙(チュモン)」や、「夏の香り」のロケ地としても有名ですね。
スッカラでは、豊かな食文化を中心に全羅南道を紹介します。
f0012022_17222597.jpg

まずは光州のキムチ。
f0012022_1724337.jpg

全羅南道には曽島(チュンド)という小さな島があります。人口わずか2100人のうち、なんと20%の人々が「塩」にかかわりながら仕事をしているそうです。
太陽の光、そして風が作り出すの曽島の塩があるおかげで、光州のキムチはおいしいのだとか。

そして・・・知る人ぞ知る、「ホンオ(ガンギエイ)」料理。
羅州(ナジュ)のホンオ博士に、ホンオの魅力について語っていただきました。
f0012022_17231069.jpg

木浦には、植民地時代の日本式家屋が残っています。カフェとしても利用されているそうです。
f0012022_17232384.jpg

写真の仕上がりが本当に美しい号になりました。
発売は来週の21日です。お楽しみに!
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-06-13 17:33 | tyuna
グリーンフィッシュ 
 今週末に公開を控えた映画「シークレット・サンシャイン」は、私の大好きなイ・チャンドン監督の作品です。作品数は多くありませんが、リアリズムを追求した映画のようでいて、どこか幻想的な雰囲気をたたえた独特の世界が好きで、個人的に新作が一番待ち遠しい監督です。
 初めて見た作品はペパーミント・キャンディーですが、本当に何度も見直したのは、デビュー作の「グリーンフィッシュ」です。f0012022_0323662.jpg
軍隊を除隊したばかりのマクドン、組織暴力団のボスのベ・テゴン。そして彼の情婦のミエ。この3人を軸に物語は展開していきます。ばらばらになった家族と一緒に住みたいというささやかな夢を実現するために、マクドンはベ・テゴンの組織の元で働くことになるのですが、純粋な彼はその世界に染まりきることができないまま、運命に翻弄されていきます。
 暴力描写も多く、甘い恋愛ドラマがお好きな方にはおすすめできませんが、チンピラの世界になじみきることのできない心優しいマクドンを演じたハン・ソッキュの演技は必見です。
地味な作品のためかあまり紹介されることは少ないのですが、もしレンタルショップで見かけることがあったら、ぜひご覧ください。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-06-02 23:58 | tyuna
新村スケッチブック ソウルの学生街から
ヨロブンアニョハセヨ!tyunaです。
スッカラの9月号の特集は「プサン」。そのリサーチのためにガイドブックを調べていると、プサンの名物のひとつに「古本通り」があるそうです。
まだ私は行ったことがないのですが、神田の神保町のような感じなのかもしれませんね。
もともとは第二次大戦終戦後に日本人が残していった本を売り払ったのがはじまりで、その後、朝鮮戦争などで米軍が放出した英語の雑誌や書籍を販売したりして有名になったようです。

私が住んでいたソウルの新村には古本屋があまりなかったため、ふとした路地に古本屋を見つけたときは嬉しくてその本棚を飽かずに眺めていたものです。韓国語の小説を読むのは苦手でしたが、ときおり留学生たちが残していった日本の書籍などがあり、日本では絶版になってしまったレアな文庫本が眠っていたりと、意外な掘り出し物に出会ったりもしました。

そんなソウルの古本屋で出会ったのがこの「新村スケッチブック ソウルの学生街から」(日高 由仁:著 新宿書房)。
f0012022_2059855.jpg
韓流ブームもなく、軍事政権の暗い影が落ちる80年代の韓国で、言葉や文化の壁にぶつかりつつも明るくたくましくソウルで学生生活を送った女性の留学記です。
おそらく新村に住んでいた留学生が日本へ帰国する前に売り払ったもののようですが、私自身は韓国滞在時も、日本へ戻ってきてからも何度も読み返しています。
個性豊かに描かれる韓国のひとびとや、市場でひしめく野菜たちの鮮やかな描写も魅力ですが、何よりも必死で生きる著者自身の姿がすがすがしく、心地良い読後感をもたらしてくれるのです。20年以上前の本なのですが、今読んでも決して遜色のない、隠れた名著です。ぜひ一度手にとって見ることをおすすめします。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-05-30 21:25 | tyuna
光州5.18を観てきました!
f0012022_04282.jpgみなさんこんにちはtyunaです。
先日久しぶりに韓国映画を見てきました。
韓国語を習い始めたばかりのころはほぼ毎週のように見ていた韓国映画。
まだ見ていない作品をチェックし、まめにレンタル店を訪れていたのもいつしか、新作情報にも関心を持たなくなってしまい・・・。そんな自分を戒めるために劇場に足を運んだのですが、スクリーンで韓国映画を見るのは本当に久しぶりでした。

「光州5.18」は、韓国の現代史を語る上で欠かすことのできない「光州事件」を描いたものです。時代背景がわからないと理解の難しい場面もありますが、理不尽な暴力で愛する人をうばわれた市民たちの怒りや悲しみが画面からひしひしと伝わってきて、映画が終わるまでひたすら涙が止まりませんでした。
この映画に登場する人々のほとんどはフィクションですが、すべて実際の事件、人物のエピソードを集めて編み上げられたものです。パンフレットにも書かれていますが、やはり映画を見る前に「光州事件」について調べていったほうが、より深く見ることができるかもしれません。明るく楽しい映画とはいえませんが、主演のキム・サンギョンが軍の無差別な発砲で弟を失い、武器を手に立ち上がっていく姿、恋人役のイ・ヨウォンがラストで市民に投げかける言葉のひとつひとつが、胸に残ります。韓国映画界の重鎮アン・ソンギの演技も秀逸です。ぜひ一人でも多くの方に見てもらいたい作品です。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-05-26 00:09 | tyuna
全羅北道 全州の特集です!
みなさんこんにちはtyunaです。
スッカラの次号の特集は全羅北道の「全州」
「全州ピビンパプ」でも有名なところですが、韓国の伝統家屋である韓屋(ハノク)村などもあり、見所の多い街なのです。
まずは「食」のコンテンツ。ピビンパプは定番ですよね。
f0012022_21245376.jpg

韓紙工芸の街としても有名です。韓屋村では紙すきの体験もできるそうですよ。
f0012022_21253553.jpg

さて、この特集を読んだら、実際に全州に行ってみませんか?
今月号には特集の後に、JALパックさんの全州ツアーの紹介があります。
f0012022_21301478.jpg

暑くもなく寒くもなく、過ごしやすい季節です。スッカラを読んで勉強した後は、ぜひ全州を訪れてみてくださいね。ちなみにこのツアーは先着60名となっていますのでお早めに!
www.jalpak.co.jp/jump/sukkara
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-05-15 21:31 | tyuna
スッカラVOL.30 ポジャギ特集号が出来上がりました!
みなさんこんにちはtyunaです。
さて!ようやく今日、スッカラ30号が出来上がりました!
今月の特集は、以前にもお伝えしましたがポジャギ。
ポジャギの紹介はもちろん、食卓を彩るポジャギの作り方など実用的な記事も載っています。
f0012022_225498.jpg

さらに、小澤典代さんの「韓国の美しいものたち」
f0012022_2265666.jpg

今月のスターインタビューは、「悪い男」などキム・ギドク監督の映画には欠かせない俳優
チョ・ジェヒョンです。
f0012022_227575.jpg

先月から始まったヘリョンさんの連載「ホップ!ステップ!ハングル」も。モバイルとの連動企画なので、ページ左下のQRコードをお忘れなく。
f0012022_22102664.jpg

この表紙が目印です!
f0012022_2292422.jpg

来週21日発売!
月刊 SuッKara (スッカラ) 2008年 06月号 [雑誌] | 商品情報(書籍)
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-04-17 22:11 | tyuna
次号の誌面
4月も気が付けばもう半ば。早いものですね。
毎月14日、15日は編集部がもっとも忙しい時期です。文字の校正、ページの色の出具合など最後の調整がこの数日間で行われます。そして、印刷所にすべてゆだねてほっと一息つく間もなく、次号が待ち構えているのですね。
でもとりあえず、今日はスッカラの最新号をちょっとだけお見せします。
次号は「ポジャギ」特集です。
f0012022_199613.jpg

今回は作り方なんかも載っています。
f0012022_1994282.jpg

大好評の「韓国の美しいものたち」。今回は「七宝」です。
f0012022_191071.jpg

中のページにはもっと鮮やかな写真が多数掲載されているのですが、全部はお見せできないんです・・・。ぜひ本誌をご覧になってください!

発売は来週の月曜、21日です。お楽しみに!
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-04-14 19:17 | tyuna
ジャルパック・スッカラタイアップ ~百済・古代朝鮮ものがたり~
みなさんこんにちは。
スッカラのtyunaです。

今月もまた、スッカラの表紙ができあがってきました。
4月21日発売号の特集はポジャギ。約2年ぶりの登場です。
f0012022_20592420.jpg

中身についてはまた来週おつたえします。

そうそう、いまJALパックさんでこんな旅行商品が販売されているのをご存知ですか。
f0012022_210491.jpg

スッカラのロゴの入ったこのパンフレットが目印です。
韓国の百済文化をテーマにした旅ですが、今月発売のポジャギ特集号にも、百済にちなんだ韓国の地方都市、扶余(プヨ)公州(コンジュ)が掲載されています。今月末に控えるゴールデンウィークに、一味違った韓国旅行はいかがですか?
ジャルパック http://www.jalpak.co.jp/asi/index.html
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-04-11 21:06 | tyuna
チュ・ジフン、チャン・ヒョク、ソ・ドヨン、パク・ソルミ、パク、ヘイル・・・
みなさんこんにちはtyunaです。
あまり韓流の話題を取り上げないスッカラですが、バックナンバーを読み返してみると
意外とスターのインタビューが載っていたりします。

「宮」のチュ・ジフン
f0012022_13152093.jpg

チュジフンの掲載号はこの号です
月刊 SuッKara (スッカラ) 2007年 09月号 [雑誌] | 商品情報(書籍)
f0012022_13172575.jpg

「僕の彼女を紹介します」のチャン・ヒョク
f0012022_13175565.jpg

掲載号はこちら
月刊 SuッKara (スッカラ) 2008年 02月号 [雑誌] | 商品情報(書籍)
f0012022_13185017.jpg

「春のワルツ」のソ・ドヨン
f0012022_13193867.jpg

ソ・ドヨン掲載号はキムチの特集です。
月刊 SuッKara (スッカラ) 2007年 02月号 [雑誌] | 商品情報(書籍)
f0012022_13203875.jpg

パク・ソルミインタビュー。冬のソナタ チェリン役で有名ですね。
f0012022_13241787.jpg

ビューティ特集号に掲載されています。ユン・ソナさんのインタビューも!月刊 SuッKara (スッカラ) 2007年 11月号 [雑誌] | 商品情報(書籍)
f0012022_13255392.jpg

「殺人の追憶」「グエムル」など、ポン・ジュノ作品でお馴染みのパク・ヘイルインタビュー
f0012022_13252774.jpg

かなり人気の高かったハングル特集。月刊 SuッKara (スッカラ) 2007年 03月号 [雑誌] | 商品情報(書籍)
f0012022_13254028.jpg


どれもスッカラ撮りおろしですので、まだご覧になっていない方はぜひバックナンバーをお買い求め下さい!ご購入はこちらから!
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-03-31 13:37 | tyuna
ブデチゲ!
みなさんこんにちはtyunaです。
昨日、スッカラでもおなじみのコリアンフードライター八田靖史さんと、上野の韓国料理屋さんで打ち合わせ。スッカラのバックナンバーにも掲載されたことのあるこのお店は、なんといってもプデチゲがおすすめです。
f0012022_9535115.jpg

一見普通のプデチゲですが、秘伝のスープがそそがれるといい匂いが・・・。トッピングにチーズとペンネを入れております。
f0012022_9563236.jpg

さらに、食べ終わった後はポックンパプ(チャーハン)に。エゴマの葉のみじん切りや韓国海苔をのせて・・・
f0012022_9574472.jpg

すこしずつ水分をとばして
f0012022_9582032.jpg

できあがりです!うっすらとおこげがついていて、香ばしいですよ。
f0012022_959597.jpg


こちらのお店は、「元祖プデチゲ」 
スッカラのバックナンバーVOL.28 みんな大好き韓国料理 31ページに掲載されています。
http://www.budechige.jp/
月刊 SuッKara (スッカラ) 2008年 04月号 [雑誌] | 商品情報(書籍)
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-03-28 10:01 | tyuna