韓国の様々な文化を紹介する月刊誌「スッカラ」の東京編集部ブログです。取材秘話や編集部の裏話など、スッカラのもう一つの魅力をお楽しみにいただければ幸いです。
by sukkara_tokyo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:スッカラ( 11 )
Twitterはじめました。
スッカラスタッフによるTwitterをはじめました。
Twitterを使われている方、是非フォローお願いします。

『スッカラ』の情報はもちろん、
ハガキでいただいた読者の方からの
お便り、ご意見もどんどん紹介します。
みなさんも雑誌の感想、韓国にまつわる思い出や情報などをつぶやいてみてください。

twitterアカウントは
@sukkara_magです。
※リンクをクリックするとtwitterにとびます。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2010-01-14 18:02 | スッカラ
スッカラ「キレイ」特集、本日発売です&次号はハングル特集!
スッカラ3月号「食べて歩いて体がよろこぶ韓国」が本日発売になりました!

f0012022_1991877.gif


今月号は「韓国でキレイになる!元気になる!」が特集のテーマです。
食べてキレイになる韓国の食材、韓国アジュンマの健康の秘訣であるウォーキングを徹底解剖。「モムチャンアジュンマ」で有名なチョン・ダヨンが教えるエクササイズに、李映林先生とコウ静子先生が語る韓国伝統茶の魅力もお伝えします!

韓国の美しさの秘訣を是非ご覧ください。



ちなみに次号はハングル&韓国語特集
現在、鋭意製作中です。
発売日ですが、来月、2月21日(土)の発売となりますので、
よろしくお願いします!
(本日発売の次号予告では3月21日発売となっておりますが、2月21日発売の誤りです。大変申し訳ございません)
[PR]
by sukkara_tokyo | 2009-01-21 19:21 | スッカラ
納豆キムチチゲ
こんにちは。
編集ヤマモトです。

スッカラ最新号はもうご覧になりましたか?

先週末、最新号で紹介されている、ジョン・キョンファ先生特製、納豆キムチチゲを家で作ってみました。

f0012022_15441421.jpg


韓国のチゲに納豆なんてあうの? そう感じる方が多いかと思いますが、
実際食べてみるとびっくり。
納豆のくさみが見事にとれて、むしろキムチの辛さをクリーミーにおさえます。

我が家のこの冬の定番料理になりそうです。

料理が苦手な方でも簡単に作れるように、
わかりやすいレシピとなっておりますので、
是非、みなさん作ってみてください。
本当にオススメですよ!!
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-11-26 15:48 | スッカラ
サンドイッチの具
編集部ヤマモトです。

取材で大阪に行ったとき、西のコリアンタウン、鶴橋を訪ねました。
ちょっと小腹が空いたので、いわゆる地元の喫茶店に入って、
サンドイッチを頼んだところ……


f0012022_8554940.jpg



写真だとわかりづらいかもしれませんが、
実はハム、きゅうり、たまごといっしょに挟まれている赤い具は「キムチ」なんです。

一見するとキムチが主張しすぎて、
その味しかしないのでは、と危惧したのですが、
そんなことはまったくなく、
見事に他の具とマッチして絶妙なハーモニーを醸し出す一品に仕上がっています。

このお店は鶴橋駅にある「ロックヴィラ」さんという喫茶店。
先日放送された「アド街ック天国」でも紹介されていました。

近くにお越しの際は、是非立ち寄ってみてはいかがでしょう。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-11-20 09:10 | スッカラ
校了作業まっただなか
昨日のブログで頭を抱えた編集部員と書かれていたのは、私です。

忙しさもピークに達していますが、
ようやくゴールが見えてきた感じでもあります。

今号の特集は「全羅南道」!
個性的な食が集まるこの地方、驚きの料理も紹介しています。
f0012022_19161016.jpg

発売まであと11日、いましばらくおまちください。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-06-10 18:57 | スッカラ
ちょっとしたカルチャーショック
ヤマモトです。
ソウル取材話まだ続きます。

といっても今回のネタはソウルから南に1時間ほどバスで揺られたところにある、韓国民俗村での出来事。
韓国民俗村は伝統的な生活様式を紹介したり、各地方の伝統家屋が立ち並んだりと、韓国民俗を紹介するテーマパークで、韓国国民にとってもおなじみのスポットです。

例えば下の写真は絹糸をカイコのさなぎから実際に採るところを実演しているところなんですが・・・
f0012022_21442111.jpg


カイコ、さなぎ、韓国。
勘のいい方ならおわかりですね。

そうです。ポンテギです。
ご存知の方も多いでしょうが、韓国ではカイコのさなぎを煮た「ポンテギ」が多くの人々に食べられています。(日本でいうとイナゴを食べるような感覚なのでしょうか)

写真を見ていただければわかると思いますが、絹糸を作るためには絹をまとったカイコのさなぎを鍋でぐつぐつと煮るわけです。つまり絹糸を作ると同時にポンテギも結果的に作っているということになります。

写真に出ているおばちゃんがおもむろに鍋の中から煮たサナギ(=ポンテギ)を取り出して、まわりにいる人々に「食べてみるかい?」と勧めています。もちろんまわりの人々も勧められたポンテギを我先にと受け取り、食べてます。子どももおばちゃんもみんなおいしそうに食べてます。

その光景を見て、やっぱりポンテギというのは韓国人にとっては普通の食べ物なんだと実感しましたね。でもやっぱり日本に住んでいる私にとって、このやり取りは、ちょっとしたカルチャーショックでした。

そうはいっても韓国文化を紹介する編集者として、食わず嫌いはよろしくないかと思うので、次回、韓国に訪れた際には、ポンテギ、挑戦したいと思います。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-06-03 22:11 | スッカラ
ピマッコルへようこそ
ソウル滞在中、今月のスッカラでも紹介されている「ピマッコル」に韓国人の友人と飲みに行きました。「ピマッコル」とはソウル鐘路(チョンノ)の大通りの北側に平行する小道のこと。この通りには、いい意味で風情のある、ディープな飲み屋が多く立ち並んでおり、周辺のサラリーマンにとって、夜の憩いの場として知られています。

実はこの「ピマッコル」。再開発のため、通りの大部分がなくなることが決まってしまいました。そこでなくなる前に思う存分雰囲気を味わおうと立ち寄った次第です。

入ったお店は「ヨルチャチプ」という、ピンデトクが有名なお店。
f0012022_16581724.jpg


写真にあるようにピンデトクとマッコリがこれまた合うのです。しかもお通しについてくる牡蠣の塩辛も絶品です。

お店自体は今年一杯でなくなってしまうそう。都市の姿はどんどん移り変わるとはいえ、こういうお店がなくなってしまうのは、少し寂しくもありますね。

(このお店の詳細は今月号のP57に掲載されています)
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-05-27 17:03 | スッカラ
この人の職業は?
ゴールデンウィーク中にソウルに行ってきました。

そこで見つけたある一人の男性。

f0012022_1725192.jpg


さてここで問題です。

この人の職業は何でしょうか?











<正解>
実はこの人、警察官なんです。
インラインスケートを履いて犯人を追跡!
階段とかどうやって登るんですかねぇ。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-05-19 17:06 | スッカラ
快晴!
編集部ヤマモトです。

ようやく今月21日発売の作業が済み、あとは実際の本ができあがるのを待つのみとなりました。

すでに紹介されていますが、今月の特集は「ポジャギ」。

撮影日当日は本当にいい天気に恵まれて、気持ちよく進行することができました。
f0012022_13254222.jpg


おかげで写真が本当にステキに仕上がっております。
春の温かさがあふれております。
来週月曜の発売日を楽しみにお待ち下さい!!


f0012022_13285932.jpg

[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-04-16 13:30 | スッカラ
明日発売!!
スッカラ編集部ヤマモトです。
スッカラvol.28は明日(2月21日)発売でございます。
すでにお知らせしているとおり、
特集は「韓国料理を作ろう、食べよう」
読んでたっぷりお腹を空かせてください。

また、今回の「コリアンステージ」のコーナーは
趣向を変えて、スッカラ編集部がおすすめする
日本で感じることのできる韓国をご紹介。
編集部の個性がぶつかりあったページになっておりますので、
こちらもお楽しみに!!

ちなみに私は…
何を作ってるのでしょうか?
詳しくは本誌をご覧くださいませ!!
f0012022_1858054.jpg

[PR]
by sukkara_tokyo | 2008-02-20 18:58 | スッカラ