韓国の様々な文化を紹介する月刊誌「スッカラ」の東京編集部ブログです。取材秘話や編集部の裏話など、スッカラのもう一つの魅力をお楽しみにいただければ幸いです。
by sukkara_tokyo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライフログ
スッカラ◇リンク
カテゴリ
全体
スッカラ
sukkara_seoul
ふる
tyuna
kan
スッカラクラブ事務局
パクちゃん
ポケットスッカラ
未分類
お気に入りブログ
以前の記事
2012年 04月
2011年 09月
2010年 12月
more...
検索
その他のジャンル
最新の記事
ポケットスッカラ vol1.
at 2012-04-20 13:02
ポケットスッカラ vol2.
at 2012-04-20 13:00
ポケットスッカラ vol3.
at 2012-04-20 12:58
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:kan( 7 )
悲しい出来事
みなさんこんばんわ、kanです。
今日はちっぴりセンチメンタルなお話をしたいと思います。

韓国から帰る飛行機の中の出来事。
本を読んでいたら「電気をおつけいたしましょうか?」と、キャビンアテンダントさんがわざわざ手元のボタンを押して電気をつけてくれました。
“さすがこまやかな心使い。だからCAってモテモテなのね。CAさんの血でも輸血すれば私も女性らしくなれるかしら”と、どうでもいい考えが頭をよぎりつつ、また読書に没頭するkan。
しばらくすると隣に座っていた韓国人のアジュンマ二人組みが、日本への入国書を書き込むためにもそもそ動き出しました。
そして私と私の頭上にある電気をふと見るアジュンマ。
それから何を思ったのかおもむろにたちあがり、電気をグワシと掴んでグググイっと自分の方へねじ曲げました。

とーぜん私の手元は真っ暗。

疲れていたせいもあるけど、なぜだかとても深い悲しみに襲われました。
悲しみのあまり、私の手元のスイッチを押して、アジュンマを照らしている電気を消してやろうかと思ったけど、それはしませんでした。

悲しい人をこれ以上増やす必要はないから。。。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2007-06-12 22:59 | kan
ソウルのうつくしいものたち
みなさまアンニョンハシムニカ。
ブログの更新を怠り、新人のトリに嫌われてしまっていないかヒヤヒヤしてます(トリはブログ管理係なのです)、kanです。

先日、ソウルに行ってきました。
つれづれなるままに、ソウルで見つけたうつくしいものたちを紹介します。
幣紙好評連載中の“韓国のうつくしいもの”とは一切関係ございませんので、ご了承くださいませ。
うそうそ、モロぱくってます。小澤さんすみません!!

まず、おなじみ木人博物館に行ってきました。
f0012022_21535470.jpg何かよくわかんないけど、異様に存在感のある木像がおでむかえ


木人博物館はマメに展示替えをしているので、いつ行っても楽しいです。
なにが楽しいって、
f0012022_21585099.jpgこんなやつがいるからです。

f0012022_21595012.jpgよく見るとトラが丸々食べられているんですね〜
f0012022_2211152.jpg半べそで逃げる他のトラちゃん
f0012022_222453.jpg
鬼もピンポンダッシュばりに逃げてます


続きましては、今月のスッカラでも紹介いたしましたカフェドンです。
f0012022_2271843.jpg

f0012022_2274452.jpg


初めてこの周辺を歩いてみたのですが、ペク・ウナさんのおすすめのカフェドンは、とても叙情的で、無くしてしまった何かを思い出させてくれるような街の空間でした。

え〜、最後は光化門で見つけたうつくしい、、、
f0012022_22101836.jpg

イケメンです。光化門で一時間おきに行われる交代式の中に、キラリと光るこの方を見つけました。12時の交代式に登場されていたので、韓国のうつくしいイケメンに出会いたい方は、ぜひこの時間を狙ってみてください。

次回、ソウルに行った時は、カメラマンさんにお願いして撮ってもらおうっと。
ではでは



<今日のオマケ>
最近なにかと話題の清水君の後ろ姿です。今、ソウルから日本に強制送還されています。
せっかくの機会なので隠し撮りしてみました。
ブログを読んだ印象のとおり、とてもおかしな人です。
でも仕事はものすごく真面目ですので、東京編集部は非常に助かってます。ありがとう、清水君。 隠し撮りが成功したら、随時更新していきますので、皆様乞うご期待☆
f0012022_22204924.jpgカラオケは“広末涼子”を歌うそう。いつもブツブツ独り言を言いながら仕事をしています。妖精さんとお話でもしてるのかな?
[PR]
by sukkara_tokyo | 2007-05-28 22:40 | kan
キム・キエ&カン・アサキの韓流ダイエット
みなさまアンニョンハシムニカ。
いつも六本木ヒルズで迷子になるkanです。入り口から目的の店まで、スムーズにたどり着いたことがありません。東京ミッドタウンはもっとわかりやすい構造なのでしょうか?

ああ、いやいや。そんな話はさておき、今回はダイエットのお話です。
スッカラソウルスタッフのキム・キエと私はいつもダイエットをしています。
たぶん一生ダイエットしてます。気を抜くとすぐに太ってしまう悲しい体質。
ですので、夏前のこの時期は特に気合いをいれて集中ダイエットをします。
昨年の美容特集では、韓方病院に処方してもらったプログラムと韓方薬でキム・キエは二ヶ月の間に8キロ減、kanは韓方薬だけで一ヶ月の間に3キロ減りました。
しかし1年後の今、すっかりリバウンドをしてしまった私たち。
ダイエットって痩せるまでは簡単でも、その体重をキープし続けることが難しい。
頭ではわかっていても、なかなかできません、トホホ。
(あ、でも韓方病院のダイエットが悪いって言ってるんじゃないですよ。問題は体重をキープできなかった私たちなんですから。韓方ダイエットはひとそれぞれです。)

ということで、先日ソウルでキム・キエと会った時、二ヶ月後に理想の体型になっているように、再びダイエットを固く誓いあいました。
なんでも、キム・キエは以前ブログでも紹介したモムチャンおばさんのダイエットプログラムを実行しているそう。
これはかの「ぺ」もされていた、非常に激しいトレーニングと過酷な食事制限をするプログラム。ルールさえ守れば確実にやせるというものらしい(当たり前だけど)。
トレーニングは2時間で筋トレと有酸素運動を、そして食事は塩分を極力排除したおかずと、炭水化物をおさえ、鶏肉(これも塩味なし)を摂取するといもの。このメニューを全60回こなします。ちなみに運動と食事は専門のトレーナーがつねに管理をしてくれるそうです。
これで痩せなかったら詐欺ですね。
これがキム・キエのダイエットメニューです。

で、kanはヘタレなので、こんなにつらいダイエットはできません。
“できることからコツコツと”がモットーの私は、もっとゆるいダイエット計画をたてました。
まず、日頃不規則になりがちな食事を見直すことに。
そして“手軽に作れて、ローカロリーな食事”を考えた結果、韓国家庭料理に落ち着きました。
そうです、韓国の家庭料理は野菜が中心のメニュー。いまさらですが、今回のダイエットをきっかけに真剣に韓国家庭料理を勉強することにしました。

まずは第一弾。「とりあえず冷蔵庫にある野菜をすべてナムル化」↓
f0012022_12155432.jpg

8種類の野菜をナムルってみました。
ポイントはたらの芽とこごみのナムルです。
で、発芽玄米を炊いたご飯でビビムパプつくりました。(ご飯にナムル乗っけただけですが)
f0012022_12245566.jpg

ご飯は気持ち少なめ、腹7分くらいの食事をこころがけます。
ちなみに今回参照にさせていただいたのはこの本↓
f0012022_12263187.jpg

右は以前一緒にお仕事させていただいた鄭泰慶先生の「家庭で楽しむ韓国精進レシピ」。
鄭先生はとてもステキな方で、プライベートでも仲良くさせていただいてます。美人でお肌がツルツルなのは、やはり野菜いっぱいの韓国料理のおかげなのでしょうか?
左はスイーツの号でお世話になったコウ静子先生よりいただいた、「隣の国のスープとご飯」です。コウ先生のお母様、李映林先生とウー・ウェン先生の共著で、こちらも体にやさしいレシピが満載の本。スタイリングも写真もデザインもとっても素敵な本です。
あまり料理は得意ではないのですが、ひさしぶりに作ってみたらとても楽しかったです。

話がダイエットからそれましたが、そういうことで、kanは韓国家庭料理でバランスの良い食事を心がけ、ついでに今話題の「加圧トレーニング」で運動をします。
この「加圧トレーニング」、非常につらいですがメリハリボディのためには運動も必要なので、しぶしぶ通う事にしました。
目指せ杉本彩様です。

ではでは
[PR]
by sukkara_tokyo | 2007-05-02 12:57 | kan
井川さんです
みなさまこんにちは。最近リア・ディゾンがとっても気になるkanです。
いよいよ春到来ですね〜。今日から一気に桜が咲くのではないでしょうか?
kanのお花見は毎年だいたい目黒川を散歩します。
ここにはちょっぴり甘酸っぱい思いでがありますが、大好きなお花見スポットなので、今年もひとりで桜を愛でてこようと企んでいます。

ところで、本日はそんな桜にも勝る美しい人・井川遥さんのロケ風景をお届けします。
好評連載「ポムの日々」は井川さんに、日本の中で韓国文化を体験していただくコーナーです。ガチンコです。女優さんにガチンコ企画やっていただいてます。
それでもって今回は井川さんに「陶芸」をやっていただく事に。日本在住4年目の韓国人陶芸家・金大容先生に陶芸を教えていただきました。

f0012022_18271939.jpg

↑作りたいイメージに合わせて、釉薬を選んでいる井川さん。
この後、井川さんはひも作りという技法である物を作ります。果たしてそのある物とは???  
続きは次号4月21日発売のスッカラをご覧くださいませ〜。

いやぁ、それにしても井川さん本当にお美しいっす。。。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2007-03-28 18:35 | kan
ギャラリー韓
みなさまアンニョンハシムニカ。スッカラ編集部・工芸ページ担当(自称)kanです。
先週末はいいお天気でしたね〜。どこかに出かけられた方も多いのではないでしょうか?
私も先週の土曜日に山梨に行ってきました。
目的地はスッカラ2月号でご紹介した「ギャラリー韓」。
一度取材でお邪魔して以来、オーナーの関さんと懇意にさせていただいておりまして、今回はプライベート遊びにいってきました。

f0012022_1372284.jpg

ギャラリー韓はオンギという壷がお庭の至る所に設置されていて、その数は……何個くらいなんだろう、笑。豊かな自然に囲まれてずらーーーっと並ぶオンギの風景は圧巻です。

そして、ギャラリー内もとっても素敵です。
古い日本家屋を時間をかけて改装し、和の空間と朝鮮骨董をモダンに配置した関さんの抜群のインテリアセンスはため息がでます。
f0012022_13212958.jpg

f0012022_13231041.jpg

そして感激ものの、関さんのおもてなし。
韓国のお膳サンに季節のお花を添えて、トゥングルレ茶とお菓子をいただきました。
f0012022_1324997.jpg

ブレブレですみません。
f0012022_1329468.jpg

いろりを囲みながら、関さんご夫婦に色々とお話も聞かせていただきました。
韓国の工芸品に魅せられ、その美しい文化を日本に伝えたいという一心で、
長い時間をかけて地道に活動を続けてらっしゃた関さんご夫婦。
スッカラから見れば大先輩でもあるわけで、私はお二人のお話を聞いて、志を貫く事の難しさ、大切さを教えていただきました。
日々、目の前のことに追われすぎて、何事もおざなりになってしまいがちですが、
ギャラリー韓の空間にいる間だけは、初心に立ち戻り自分の志を見つめ直せた気がします。

これからも「ギャラリー韓」のような、日本の中の韓国をスッカラでたくさんご紹介していければいいなと思っています。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2007-03-05 13:40 | kan
韓服とAHN MIKAさんと通天閣
みなさまアンニョンハセヨ。ご無沙汰しておりますkanです。
さて、今月の2月21日発売のスッカラは「韓服(ハンボク)特集」です。
「韓服」は「チマ・チョゴリ」をはじめとした韓国伝統衣装の総称で、今回のスッカラでは特に「女性の韓服」にスポットを当てて紹介いたします。

ちなみにkanはこの特集の担当なのですが、取材をしながらはたまた編集作業をしながら、何回「かわいい」と言ったことか。たぶん百万回くらい言ってると思います。
日常に忙殺されすぎて失いかけていた「ヲトメ心」がむくむくとよみがえりました。
ああ、あたくしもやっぱり女だったのね、、、。

ところで、なぜタイトルが「韓服とAHN MIKAさんと通天閣」かというと、この特集でモデルのAHN MIKAさんにソウルに行っていただき、韓服を作ってもらったのです。
それにしてもなぜ「通天閣」?
それはAHN MIKAさんが大阪を代表するトップモデルだから。
「大阪=通天閣」
わかりやすいでしょ? そのまんまでしょ?

ってことで、1月15日に某所でロケしてきました。↓
f0012022_17492971.jpg

一月なのに春号の撮影なので、AHN MIKAさんはとっても寒そう!!

でも、さすがプロ。本番が始まると↓
f0012022_17494693.jpg

見てください。AHN MIKAさんのこの凛とした美しさ!!寒さなんてどこ吹く風。
AHN MIKAさんがポーズをとると、そこは春。
こんなに美しい方を通天閣前に立たせて果たしていいものなのか???
と、ロケ中は不安に思いましたが、出来上がった写真はなんとも美しい韓服の世界。

みなさま韓服特集、乞うご期待です☆

おまけ↓
f0012022_1747337.jpg

通天閣前ではしゃぐkan(28歳・独身)です。お見苦しいのでモザイクかけてみました。
いやいや、わたしはどうでもいいんです。

おまけ2↓
f0012022_17502233.jpg

特集でとてもお世話になったAHN MIKAさんのマネージャー神川さん(美人)と、ソウルから駆けつけたソウルスタッフの安現美(右)。
私が言うのもなんですが、今回のソウル&通天閣ロケはスタッフの皆様のおかげでとても良いものとなりました。
現場の楽しさが少しでも多く伝わるように、これからの最終作業頑張りたいと思います。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2007-02-05 18:04 | kan
スーペ物語撮影裏

f0012022_12365796.jpg


みなさんこんにちは。
今回はスッカラ本紙でおなじみの、「ナ・スンジャのスーペ物語」の撮影裏を公開しちゃいます。
7月号のテーマは「五味子」。小さい一粒の実に五つの味(辛・甘・渋・苦・酸)がそろっている、なんとも不思議な実です。この五味子を使ってナ・スンジャさんに五種類のメニューを作ってもらいました。あの「宮廷女官 チャングムの誓い」のイ・ヨンエさんも、夏の撮影を乗り切るために五味子茶を飲んでいたそう。五味子は美味しいだけでなく、体にもとても良いんですよ!
スッカラ7月号の「スーペ物語」、乞うご期待です!!


f0012022_12372452.jpg

スーペ物語でおなじみのナ・スンジャさん(右)と、お弟子さんのシン・ミョンジャさん(左)。「ホンモノ」の韓国料理を伝えるために、日々奮闘中です。

f0012022_1237524.jpg

大変お世話になってます! カメラマンのRieKitoさん。いつもぬくもりのある写真を撮っていただいてます。

f0012022_12382391.jpg


五味子茶は夏の暑い時期にぴったりの清涼水。身も心も爽やかになります。
[PR]
by sukkara_tokyo | 2006-05-11 12:39 | kan